IOT向け仮想通貨、その名もIOTA

f:id:e_g_eth:20171218213935p:plain

GoogleホームやAmazon エコー(Alexa)など、徐々に浸透しつつあるIOTに特化した通貨がIOTA(アイオタもしくはアイオータと発音)。

 

とは言え家庭向けIOTで仮想通貨の仕組みが必要になる場面ってあまり想像できないですけど、IOT機器とネットワークの接続を手数料無料かつ小さな単位で行うための規格らしいですね。

あんまり想像がつかないですけど乾燥機やエアコンから今日の天気を取得したりとか、炊飯器が湿度に応じて炊き時間を調整したりとかが少ないコストで出来たりするんですかね?

 

まだ時代が追いついてない感もありますし、マイクロソフトとの提携と言うデマで少し下落したりしましたが(でもすぐに持ち直してます)、将来性を考えるならこれほど夢がある通貨もなかなかないんじゃないでしょうか。

 

僕も買うタイミングを伺ってはいるんですが、すでに時価総額上位だしなかなか値崩れしないですねぇ。

名前のそのものズバリ用途が含まれている簡潔さがいい感じです。

日本人はiから始まるものが大好きだし、上がる下地はある。

 

IOTAはBINANCEやBitfinexで取り扱いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)