Stocks.exchangeでのコイン購入方法 解説 Shield(XSH)が購入できます

目下注目度を上げてきているShield(XSH)ですが、取り扱いはStocks.exchangeとCoinsMarketsの二箇所しかありません。

CryptoBridgeで取り扱いが始まりました。

 

どっちもどっち(GOXこわい)と言う気がしますが、今回は僕が使ったStocks.exchangeでのコインの買い方を解説します。

一応二段階認証は実装されていました。

 

登録はBINANCEなどとほぼ同じなので、こちらは省略します。

 

https://stocks.exchange/

f:id:e_g_eth:20171224165324p:plain

良く言えばシンプルでしょぼい、悪く言えば雑でしょぼいトップページの左上の『EXCHANGE』をクリックします。

 

f:id:e_g_eth:20171224165538p:plain

 

最初期のテトリスのような味のある画面の左上に『WALLETS (Manage)』と表示されるので、『Manage』をクリックします。

 

f:id:e_g_eth:20171224165859p:plain

 

テーブルレイアウトのサンプルのようなしょぼい画面が表示されるので、目当ての通貨の『DEPOSIT』クリックして下さい。

BINANCEみたいに検索窓なんて気の利いたものはありません。

検索する場合はCtrl+Fでブラウザのページ内検索を使って下さい。

 

f:id:e_g_eth:20171224170219p:plain

 

なんとJavsScriptを使ったムダなアニメーション付きで入金用アドレスが表示されるので、このアドレスをコピーして下さい。

このアドレスに目当ての通貨を入金します。

BINANCEの記事にZaifからのETHの入金の仕方を載せているので参考にしてみて下さい。

 

f:id:e_g_eth:20171224170654p:plain

 

入金されたら左上の『Exchange』を押して、古いExcelのチャートみたいなしょぼい画面に移動します。

今回はETHを入金したものとして右側のタブから『ETH』をクリック後、『XSH』をクリックします。

 

他のコインを入金した場合は、売却して2017年12月現在XSHと交換できるBTC, ETH, LTCのいずれかに変更して下さい。

 

簡単なのはETHかLTCを入金する方法だと思います。

(BTCは送料が高い上に着金が遅いので取引所間の移動には使わない方がいいです。)

 

f:id:e_g_eth:20171224171234p:plain

 

さて、無事にXSHのトレード画面にたどり着きました。

ちなみに僕はXSHはローカルウォレットに送金したのでStocks.exchangeには一枚もありません。

 

別記事でも書きましたが、Stocks.exchangeの売り気配は鮫が多いです。

赤字のところに手動で数字を入れた方がいいでしょう。

 

この記事を書いた時点でXSHは15円くらい、ETHは82,000円くらいなので

82,000/15=0.00018292682くらいが相場と言うことになります。

ただしそれより高い買い気配が売れていないので、一番下の『TRADE HISTORY』も参照するといいでしょう。

 

f:id:e_g_eth:20171224171815p:plain

 

うーん、結構高めでも買い手がつくみたいですね…。

0.0003以上は論外として、納得できる値段で買えるまで気長に待った方がいいと思います。

Stocks.exchangeの取引の80%以上を占めるとまで言われるXSHでもこの履歴の少なさですから、BINANCEなどのトレードに慣れていると焦れったく感じると思いますが、焦りは禁物です。

 

本当はもっと大手に上場してくれるといいのですが、そうなると現在の値段では買えなくなる可能性が高いので、どうしても今買いたい人はこの恐らくデザイン担当者が不在の取引所か、もっと怪しいCoinsMarketsで買いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です