GACKTのSPINDLE(SPD)の雲行きが怪しい?関係者の経歴がグレー

news.yahoo.co.jp

 

Twitterでも訝しむ声が多かったですが、スピンドルの関係者やホワイトペーパーに疑問の声が上がっているようです。

 

長い記事なのでまとめると

 

  • 行政処分を受けたドラグーンキャピタル社の宇田修一氏が関与
  • SPINDLEは商標登録の申請がされておらず、仮想通貨交換業者の登録準備もされていない
  • SPINDLEの投資申し込みの代行業者(本来必要がない)に元与沢翼さんのフリーエージェントスタイル社の経営幹部の小西玲太朗氏と大森寛之氏
  • GACKTは過去に集金詐欺などにハマった経歴がある

 

と言ったところですね。

 

GACKTの文章そのものは真っ当だったので仮想通貨の知名度を上げる意味では大いに意味があったように思いますが、進め方や関係者に問題があるようです。

とは言え与沢翼さん関係の人は『中身の薄い情報商材』と揶揄されても稼いでるのは事実ですから、そんなに問題かなぁ。

 

まあ僕の思惑とは関係なくホワイトペーパーに書かれている条件が厳しすぎてどの道僕は参加できませんが。

 

  • 暴力団関係者、反社会的勢力、また左記に準ずる者
  • 仮想通貨を保有した事がない者。または仮想通貨に対する知見が全くない者
  • 75歳以上の後期高齢者
  • 18歳以下の未成年者
  • 後見人及び補佐人を必要とする者
  • 過去に株式や債券等の有価証券、デリバティブなどの投資経験が1年未満の者
  • 先進国居住者で、金融資産が10万USDに満たない者
  • 新興国居住者で、金融資産が3万USDに満たない者
  • 自身の保有する金融資産の50%以上を本ICOトークンに兌換しようとする者
  • 身元・身分が不明瞭な者
  • 他社になりすまし、ICOに参加しようとする者。これは居住国法律に準拠しない代理者も含む。

 

18歳以下は未成年に決まってるんですけど非有権者って書こうとしたのか?

 

読んでて思ったけどブログでは「みんな投資を学んで財産を築こう」みたいなこと言ってたのにだいぶ矛盾してませんか。

そもそもホワイトペーパーの冒頭が

 

世界のすべての不正の状況に巻き込まれ苦しむ人々と、

圧政により自由を奪われた人々、富を失った人々、

長年、神戸製鋼所に勤務していた父に捧げる。

 

で始まっているのに、

『10万USDの金融資産があって投資経験が1年以上だけど圧政により富を失った人々』

ってどんな境遇やねん。

まあICO時点での参加者に化す義務と上場後どんな人に使ってほしいかではまた意味合いが違ってくるのかも知れないですけど。

 

この時点で読む気がなくなって流し読みですが、

 

SPINDLEは、現在の伝統的金融関係者(ヘッジファンドも含む)をSLAVE(奴隷)と定義している。

 

f:id:e_g_eth:20180102002551j:plain

 

ここはLUNASEAかよってなってちょっと面白かったです。

MALICE MIZERなんだから当然知ってるよね?

SPINDLE発足はRYUICHI様への挑戦状だったのか。

 

 ホワイトペーパーはちょっとアレだけど、GACKT及びSPINDLEの動向は引き続き要チェックですね。

 

僕は先進国居住者だけど金融資産が10万USDに満たないし投資経験が1年未満だけど応援してまーす(皮肉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)