CryptoBridgeが重い場合の対処法がツイートされていました

 

最近取引所の接続が死ぬほど重いのにShieldだのPHRだの次々注目コイン上場させやがって!嬉しいけど重いわ!

って思ってたところにナイスな対処法をツイートしてくれている人がいました。

 

ツイートにも画像付きで解説がありますが、あえてSEO対策のために画像付きで解説します。(この記事を書くスクリーンショットのために改めて設定を中国語に戻したら重すぎてハゲました)

 

f:id:e_g_eth:20180109220233p:plain

 

右上の歯車アイコンから『設定』をクリック。

 

f:id:e_g_eth:20180109220423p:plain

『利用可能なノード』からTokyo, Japanにマウスカーソルを合わせて『有効化』をクリックします。

 

Tokyo, JapanがDownしている場合は『Medium latency』と表示されている国をクリックしましょう。

正直全部High latencyかDownになるのも時間の問題と言う気がします。

 

f:id:e_g_eth:20180109222433p:plain

それにしてもCryptoBridgeは魅力的なラインナップになりましたね。

もう少し板が厚くなると嬉しいのですが。

 

そしてやはりShield(XSH)のアイコンのカッコよさはバツグンですね。

Solaris(XLR)も好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です