海外取引所C-PATEXの登録・購入方法 解説 Photon(PHO)が購入できます

CryptopiaでLTC、DOGE建てが一時中止のため、取引所が事実上なくなったPhoton(PHO)が新しく上場されたC-PATEXと言う取引所に早速登録してみました。

 

 

登録

 

f:id:e_g_eth:20180115015209p:plain

https://c-patex.com/

 

登録画面はシンプルです。

メールアドレスとパスワード、確認パスワードを入力するだけです。

 

f:id:e_g_eth:20180115015340p:plain

 

登録完了すると確認メールが飛んだことのお知らせもなしによく似たログイン画面に遷移します。

分かりづら。

Captchaがありますが、Googleなどのものに比べて非常に視認しやすいです。

 

f:id:e_g_eth:20180115015759p:plain

 

確認メールはひっそり届いているので認証URLをクリックしましょう。

 

2段階認証

f:id:e_g_eth:20180115015556p:plain

 

2段階認証は右上のメールアドレス→『My Profile』から。

2段階認証を有効にしないと入金が出来ません。

 

入金

f:id:e_g_eth:20180115020254p:plain

 

入金は『Funds』からですね。

ホントにPhotonがあるぞ!

Blake-256ファミリーのBLCもあるぞ!

むしろBLC建ての取引ペアがあるぞ!?

 

と言うことで例ではPhotonを使います。

 

フツーの人はLTCとかETHを入金することになると思います。

 

f:id:e_g_eth:20180115020403p:plain

 

Depositでアドレスが表示されるので、ここに目当ての通貨を入金します。

ここのアドレスはダブルクリックで選択すると余計な文字が入るので気をつけて下さい。

 

f:id:e_g_eth:20180115021149p:plain

 

さっそくCryptopiaから送金します。

Photonの手数料安すぎて草コインが生えますね。

送金は結構時間かかりました。

 

取引

f:id:e_g_eth:20180115113836p:plain

取引は左上の『Trade』から。

分かりづらいですが、赤で囲った部分にマウスオーバーで基軸通貨を切り替えられます。

+136272.73%のUMO*1と言うコインが気になりますが、ここでは例としてPHO/LTCをクリック。

 

f:id:e_g_eth:20180115114310p:plain

 

割りとスタンダードな画面構成ですが、Photonが安すぎて数字が見切れている。

 

Sell priceも Buy priceも数字をクリックで値段が入ります。

コインの所持数をクリックで全額が入力され、

『Buy コイン名』で購入、『Sell コイン名』で売却。

取り扱っているコインはヤバめですが至ってフツーです。

 

と言うことでPhoton(PHO)の取り扱いがあるC-PATEXの解説でした。

 

Photonを始めとしたBlake256ファミリーの取り扱いが多く(板は激薄)、
まさかBlakeBitcoin(BBTC)にここで出会えるとは思いませんでした。
Blake256ファミリーのファンにとっては聖地のような場所と言えるでしょう。

*1:UMOもBlake-256ファミリーだったようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です