海外取引所 OKExの登録・購入方法 解説

そう言えば何回か記事にしてるのにまだOKExに登録してなかったのでついでに記事にします。

NEM(XEM)が上場したことで話題になりましたね。

 

 

登録

f:id:e_g_eth:20180115230200p:plain

https://www.okex.com/

右上の『Sign up』から登録開始です。

Countryに『Japan+81』を選択。

+81なので090や080の場合は先頭の0を抜いて携帯番号を入れます。

Send SMSをクリックすると入力した携帯番号にSMSが届くので、数字の部分を『SMS Code』に入力。

チェックボックス2つにチェックを入れて登録完了です。

 

Admin Password登録

f:id:e_g_eth:20180115231706p:plain

ログイン後は出金時やセキュリティ関連の設定変更時に『Admin Password』を設定しておかないといけないようなので、『Security』→『Admin Password』の『Set』をクリックします。

すごい見切れてます。

 

f:id:e_g_eth:20180115232101p:plain

またSMS認証を求められるので先程と同じように登録。

なんで2段階認証じゃないんだよって思いますが仕方ない。

 

入金

『Admin Password』を登録するとダイアログが表示されるので、とりあえずクリックすると入金画面に飛びます。

 

f:id:e_g_eth:20180115232331p:plain

 

メニューからだと『Account』→『Deposit』ですね。

リップル(XRP)やNEM(XEM)が送金できるのが嬉しいですね。

送金してからBTCやETHに交換するのが送料が安く済むと思います。

ここではリップル(XRP)を選んでみましょう。

 

f:id:e_g_eth:20180115232706p:plain

 

『リップルを送信するにはアドレスとは別にラベルを設定する必要があるよ』と警告が出ます。

210円で入ったにわかリップラーでもこれは知ってます。

 

bitbankは分かりやすくラベルが表示されるので、両方設定した上で送金しましょう。

 

コイン購入

『Token trading』で取引画面に行きます。

リップルは基軸通貨ではないので一旦ETHなどにしましょう。

 

f:id:e_g_eth:20180115234135p:plain

 

『ETH Market』をクリックし、検索窓に『xrp』と入力、『XRP/ETH』をクリックします。

 

f:id:e_g_eth:20180115234409p:plain

 

AskやBidと書いてある場所の数字をクリックで『Price』が入力されます。

海外取引所では特に(リップルの値段)/(ETHの値段)で割って問題ない数字かどうか確かめておきましょう。

スライダーで購入割合を決めることが出来ます。

『Admin Password』を入力して『Buy』で購入。

 

f:id:e_g_eth:20180115234711p:plain

 

無事にリップルをETHに変更出来たら、ETHとの交換ペアがある通貨を同じように買います。

下がってるコインは何でも買い頃に見える…。

 

以上、OKExの登録・購入方法でした。

BINANCEほどではないですが、なかなか通貨が多く、割と硬いラインナップなので目当ての通貨がある時は登録を検討してみていいと思います。

2段階認証がないのが怖いので購入後はウォレットへの保管をオススメはしますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)