2段階認証で携帯取り出すのが面倒な時はChrome拡張のAuthenticator

タイトルの通りですが、ホントに面倒でやってられないです!

 

Authenticator – Chrome ウェブストア

と言うことでChrome拡張にも2段階認証があるようなので早速インストールしました。

 

 

既に携帯に登録しているサイトを追加

2段階認証のQRコードまたはキーを控えている人は

 

f:id:e_g_eth:20180122144552p:plain

 

右上の鉛筆アイコンをクリック後に『+』アイコンをクリックで追加できます。

 

QRコードを読み込ませる場合は『Scan QR Code』をクリックして

 

f:id:e_g_eth:20180122144939p:plain

 

ドラッグアンドドロップでQRコードを選択することで追加可能です。

 

キーをバックアップしている場合は『Manual Entry』から入力。

 

QRコードもキーも控えてない場合はサイト毎に作り直しましょう

もちろん僕もほとんどのサイトではQRコードやキーのバックアップは取っていません!

なのでPCでも使えるようにするためとバックアップを兼ねて、一旦2段階認証を解除して再設定しましょう。

 

BINANCEの場合は以下の手順になります。

 

f:id:e_g_eth:20180122152845p:plain

 

Account→Google Atuhenticationの隣の『Disable』をクリック。

 

f:id:e_g_eth:20180122152954p:plain

 

アカウントパスワードと、現在携帯電話に表示させている2段階認証コードを入力して『Submit』を押すと解除されます。

 

その後は再度2段階認証を有効にし、AuthenticatorとGoogle2段階認証の両方でQRコードかキーを読み込めば携帯でもパソコンでも2段階認証が使えます。

念のためキー自体もKeePassなどのパスワード管理ツールに保存しておきましょう。

 

f:id:e_g_eth:20180122153422p:plain

 

KeePassでは『Advanced』→『Add』から何個でも任意の項目を追加できます。

Nameはなんでも構いません。

 

使い方

f:id:e_g_eth:20180122153618p:plain

 

ステータスバーのアイコンをクリックして数字の部分をクリックすると『Copied』と表示が出てコピーされるので、あとは2段階認証入力フォームに貼り付けるだけです。

 

最初に実行する時はこの拡張機能に対してクリップボードの操作を許可する必要があります。

 

エクスポート/インポート

f:id:e_g_eth:20180122153911p:plain

 

左上の歯車アイコンからExport / Importをクリックすると、現在設定されている全ての2段階認証の設定が出力されます。

こちらを保存しておくことでバックアップと復元が可能になります。

 

パスフレーズによる暗号化

f:id:e_g_eth:20180122154457p:plain

 

歯車アイコン→Securityをクリックするとパスフレーズを聞かれます。

パスフレーズを設定するとエクスポートしたデータのキーが暗号化されるようです。

僕は即設定したので、未設定時の挙動が分からないのですが、設定した方がいいでしょう。

 

当然リスクは増える

今のところ非常に快適ですが、2段階認証を解除できる端末が増えることはセキュリティの低下に繋がるので、導入は自己判断でお願いします。

たまにしかログインしないサイトなどは、万が一の時のためにキーを控えておくだけに留めておくのが無難かと思います。

 

よく使うサイトほど導入したくなるのは結構悩ましいところですね…。

BINANCEには指紋認証で起動する使いやすいアプリがありますが、

それでも僕はパソコン操作の方が使いやすくて早いと思うので導入しました。

 

長期保有銘柄=ポートフォリオ割合が高い通貨は極力ウォレットに移し、取引所の保証金額以上の通貨を取引所に置かないことも大事だと思います。

 

だから早くPhotonのウォレットの同期終わってほしい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です