Indahash(IDH)について調べてみました

 

 

 

界隈でかしましいIndahash。

とりあえず上場後に買っても上がりそうな気がしますが、一応拙いながら調べてみることにしました。

 

なお、1/23にHitBTCに上場予定とのことですが、日本時間で1/24になった時点ではまだ上場していませんね。

HitBTCの使い方はこちらの記事をどうぞ。

 

 

概要

2018/2/19時点

  • 総発行枚数: 4億枚
  • 現在発行枚数: 3億9,993万4,364枚
  • 時価総額: 227位
  • 公式サイト: https://indahash.com/

 

indaHash ICO: 従業員数130人、7ヵ国にオフィスを展開、当アプリ登録インフルエンサー数30万人を誇ります! ICOボーナスをチェック!

70ヵ国からのインフルエンサー総数30万人を大手グローバル企業と繋げる事を可能にした数々の受賞歴に輝く当アプリが遂にINDAHASH COINを開始します。当社は各ブランド、インフルエンサー及び観衆間により発生する主な問題をインフルエンサー市場を完全にトークン化する事により解決する事を目的とします。当社のICOにより各関係をより強く結びつけることにより実現を可能にします。 

 

ERC20トークンであり、インフルエンサーの登録が多いIndahashと言うアプリ内で使えるようになるトークンのようですね。

主に報酬としての送金を想定しているようで、STEEMやALISと同じような立ち位置でしょうか。

いい記事にはより良い報酬が集まる的な。

 

また、インフルエンサーはIndahash上で自身のトークンを発行できるようになるらしいです。

手軽なVALUと言う感じでしょうか?

イケダハヤトさんとか好きそうだな。

 

スポンサー

1078の大手グローバル企業とのことですべては公式HPでは確認できませんが、

画像で確認できるだけで

 

  • ネスカフェ
  • サムスン
  • ケンタッキーフライドチキン
  • adidas
  • RedBull
  • MasterCard
  • Oreo
  • IKEA
  • WILKINSON
  • マクドナルド
  • コカ・コーラ
  • ファンタ
  • ペプシ
  • Lipton
  • ロレアル

 

などの錚々たる顔ぶれが揃っています。マジ?

全力で反発しあってそうな企業が名前を連ねてますね。

Indahash上で「マクドナルドよりKFCを選ぶべき10の理由」とか書いたら炎上商法狙えそう。

「サムスンだけじゃつまらないのでFuaweiの携帯を爆発させてみた」

 

なかなか楽しそうですね。

 

ロードマップ

indaHash roadmap and milestones | ICObench

 

  • 2018年1月: インフルエンサー向けのアプリ内ウォレット拡張機能
  • 2018年2月: Indahashアプリへのコインの統合
  • 2018年6月: アプリ内でのゲームや各種機能でIndahashコインが使えるように
  • 2018年内: インフルエンサーへのプリペイドカード配布

 

展望・将来性

発行枚数はそこそこですが、既に実績があるアプリ上で使われるようになる予定と言うのはいいですね。

わりと買いたくなってHitBTCに既にETHを送金したんですけどいつ取引出来るようになるのか…。

 

とは言えほとんどのコインが下落している時期でもありますし、入るタイミングには気をつけたいですね。

 

f:id:e_g_eth:20180124010312p:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です