なんJ生まれのNANJトークンのコミュニティの活発度がすごい

twitter.com

 

独特の言葉遣い(猛虎弁)で統制されていて、割りと批判的に見られることも多い5chのなんでも実況J板の住民が作ったトークンです。

 

正直Twitterを見た段階ではERC20ベースのネタトークンかと思っていたんですが、discordの開発関係のルームを見ていたらかなり活発かつ専門的な話題が飛び交っていて驚きました。

 

ERC20との互換性を保ちつつERC223に準拠させる予定もあるみたいです。

 

まだERC20で消滅してるの? – Qiita

ERC223 は ERC20 の問題を解決しており、後方互換性もあるので、特に理由もなければ ERC223 準拠が良いと思います。
ERC20 準拠のトークンは GOX する可能性のある危険なトークンになるのでICOしようと思っている方は注意しましょう。(トークンを作って遊ぶだけなら全然気にする必要はありません)

 

基本的にERC223の方が優れた規格のようですね。

 

Ethereum版のライトニング・ネットワークであるRAIDENの話題も出ていたりするので、暇な時に覗いてみると色々と発見があるかもしれません。

 

雑談板も多いですが、discordと言う場所もあってか今のところ猛虎弁率はそこまで高くないです。

 

f:id:e_g_eth:20180126114606j:plain

 

ロードマップは以下。

 

  • 1月中旬: NANJトークン生成成功 先行無料配布開始
  • 2月下旬: ICO販売開始(0.01ETHから販売可能)
  • 3月下旬: ICO販売終了(残ったトークンはロックアップ(2)し、1年間凍結した後に市場へ売却(月々最大で100兆枚)) ICO売上の5%程度を野球団体などに寄付
  • 4月下旬: 海外取引所に上場予定
  • 2018年内: 大手海外取引所に上場予定
  • 2019年内: 国内取引所に上場予定 チケット会社と連携し、NANJでチケット購入を実現
  • 2020年以降: ロックアップ(1)を解除し、月々最大で100兆枚(総発行部数の1%)まで売却 売却資金で野球チームを買収(プロ・独立・アマ問わず金額に見合ったチーム)

 

総発行枚数が1京枚と言うのもすごいですが、最終目標が壮大ですね。

買収されたチームは名前の頭にNANJが付けられるんだろうか。

 

ICO参加の最小額はZaifのETH送金手数料(0.01→0.02に増えてほんとクソ)よりも安いですね。

この金額でも相当な量が貰えそう。

 

とは言え僕は上場するまでは様子見ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です