Ubuntu14.04でZenyのマイニングを始めました

Monoeci(XMCC)のマスターノード用に使っているサーバーですが、Vultrの管理画面を見る限り大した負荷もかかっていないようなのでマイニングも始めました。

 

NewZnyMinerはオプションでCPUコア使用数が決められる2.6.0がリリースされたようなので、一応このオプションは後で使うかもしれないので2.6.0を使います。

 

 

Ubuntuにminerdをインストール

apt-get -y install build-essential libcurl4-openssl-dev git gcc automake autoconf

cd ~

wget https://github.com/macchky/cpuminer/archive/v2.6.0.zip

unzip v2.6.0.zip 

cd cpuminer-2.6.0/

./autogen.sh

./configure CFLAGS=”-O3 -march=native -funroll-loops -fomit-frame-pointer” 

make

make install

 

minerdを起動

nohup minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://jp.lapool.me:3014 -u [username].[workername] -p [password] &

 

これで完了です。

実際にはシェルスクリプトでps auxなどでプロセスを監視して、稼働していなければ再起動するような仕組みにした方がいいでしょうが、大したハッシュレートも出ないのでとりあえず簡単に。

 

ハッシュレートはかなり低いので、少なくともVultrではZenyのマイニング専用ではおそらく元が取れなそうな感じがします。

 

やはりヤフオクでTwitterアカウントを大量購入してエアドロッp

 

f:id:e_g_eth:20180126143704p:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)