Bankera(BNK)のICO終了が迫る

f:id:e_g_eth:20180128052617j:plain

Bankera | ブロックチェーン時代のための銀行

現在価格は0.2ユーロですが、上場後は1ユーロを下回らせたくないと公言しているBankera(BNK)のICOプレセール期間が残り僅かになって来ました。

期日は2月末まで。

界隈では約束された5倍銘柄として話題になっています。

 

 

Bankeraの概要

バンクエラはブロックチェーン時代のためのデジタルバンクです。従来の銀行の役割を担うバンクエラは、以下3つのサービスを提供します。

 

お支払

個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のバンクエラは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。

 

ローンと預金

ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資

 

上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしております。

 

要は金利が良くて信託もできる暗号通貨を使用した銀行ですね。

Aidos Kuneen(ADK)ほどではありませんが、将来を嘱望する人もチラホラ。

 

銀行の買収

ビッグニュースを公開: Bankeraの共同創業者は銀行を買収しました – Bankera

バヌアツのPacific Private Bankと言う小規模な銀行を買収したようです。

ICOでそれなりの金額が集まっているからこそ出来ることですね。

 

ICO参加方法

Get Free Bitcoin Wallet | SpectroCoin

上記URLからアカウント登録。

日本円でも参加できますが、ETHを使うのが簡単です。

 

f:id:e_g_eth:20180128054339j:plain

WALLETS→ETHでアドレスが表示されるので入金。

 

f:id:e_g_eth:20180128054520j:plain

EXCHANGE→Pay CurrencyにETHを選択。

Receive CurrencyにBNKを選択してEXCHANGEをクリックで交換可能です。

 

個人的な意見

ICO期間が長すぎるのが気になります。

現在8730万ユーロ=約117億円を調達していますが、QASHが3日間で約120億円を今ほど仮想通貨が浸透していない時期に調達したのに比べると見劣りします。

公約どおり5倍を目指せる案件なのかも知れませんが、僕自身はごく少額を入れるか、上場後まで様子を見る予定です。

 

 

この情報も少し気になりますね。

 

とは言えICO参加でBNKを所有しているだけでもETHの配当がありますし、Bankeraに魅力を感じたなら自己責任で投資をするのは全然アリだと思います。

 

NEM財団のロン・ウォン氏がアドバイザーに居るのは間違いなくプラス材料だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)