NANJCOIN(NANJ)の無料配布が開始、発行枚数は300億枚に大幅減

Discord内で先行してアナウンスされていたNANJコインの無料配布が公式Twitterでアナウンスされました。

Twitterアカウントのフォロー&RTで応募できるほか、簡単なアンケートに答えてETHのアドレスを記入することで配布が受け取れます。

事実上のエアドロップですね。

 

f:id:e_g_eth:20180130125930p:plain

また、当初1京枚だった発行枚数もBTC建てのみでの上場を視野に入れると言うことで300億枚に変更されたようです。 

別の通貨となる為、1京枚の頃の配布トークンは使えなくなるとのこと。

 

ロードマップも刷新されました。

f:id:e_g_eth:20180130123928p:plain

 文字が小さくてかなり見づらいですが、気合で文字起こししました。

2018年1月

  • NANJトークンを生成
  • 先行無料配布を実施

 2018年2月~3月

  • 海外取引所に上場し、NANJの取引を可能にする
  • 総発行枚数の55%を使用し、オープン戦を開戦
  • なお、オープン戦開戦中は最安値の0.00000001BTCで販売

2018年内

  • 大手海外取引所に上場し、NANJの価値を高める

2019年内

  • スポーツ事業のスポンサー広告を通じてNANJの認知度を高める
  • NANJを使用したスポーツ事業への支援
  • 個人選手への寄付機能を実現

2020年以降

  • 資金確保のためロックアップ*1を解除し、売却資金で野球チームを買収*2
  • 買収目標達成後の運営方針等については、保有NANJの時価総額に応じた戦略を適宜発表

 

発行枚数が変わりましたが、全体的な流れとしては前回のロードマップとさほど変わりません。

野球以外のスポーツも視野に入っているのが相違点でしょうか。

 

トークンの配当で一口馬主を始めたりしたら楽しいと思うんですけど、そう言う通貨って出てこないんですかね。

NANJCOINで募集をしたら名前はサンキューガッツ号で確定でしょうか。

NebulasとかRebelliousとかは海外の競走馬にいそう。

 

また、現在はまだテスト段階なので成果物が出来るまで派手な宣伝は控えるとのことです。

 

名前はネタっぽいですが、コミュニティは活発で開発の動きもしっかりしています。

エアドロップを受け取ってから上場後の様子を見るのも悪くないと思います。

*1:期間限定でNANJを最安値販売することです。最安値のため、それ以上に下がることはありません

*2:野球チームの買収についてはプロ・アマ問わず。NANJの時価総額によっては、野球以外のスポーツチームも考慮しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です