Photon(PHO)のWEBサイトがリニューアル、ロードマップも公開

https://www.photoncc.com/

イギリス以外のタイムゾーンを無視したカウントダウンを決行したPhoton(PHO)の公式サイトですが、かなり今風にリニューアルされました。

 

「コミュニティメンバーが作ったこのサイトは素晴らしい!」と公式アカウントも言っていますが、本当に素晴らしい。

 

f:id:e_g_eth:20180202000111p:plain

メチャクチャカッコよくないですか。

COLXとかRebelliousとか、単価の安いコインほどウェブサイトの作りが凝ってる気がする。

 

f:id:e_g_eth:20180202000616p:plain

ロードマップも公開されました。

2014年のあとはオリンピックの如く間隔が空いてますが、2018年は精力的に動くようです。

2月以降の予定は以下。

 

2月

  • 10日: エアドロップ
  • 投資家たちによる次のステップへの会議
  • ロゴ変更(COINS CONTROL上場時と今回のウェブサイトで使われているものでしょうか)

2-3月

  • ゲームプレイによるマイニング、新しいUnityプラグイン

3月

  • 一般的用途で使われる通貨(?)
  • Photonのゲーム内マイニングのみで開発された一般用ゲーム
  • Mac/Linux用ウォレット
  • PhotonをPCゲームの通貨として追加する
  • アンドロイド用ウォレット

第4半期

  • 完全なPhotonマイニング機能を備えた初期のゲーム
  • 他のプラットフォームのデジタルコンテンツの決済手段としてPhotonが使われる

2019

  • Blakezone

 

Blakecoin(BLC)と同じく、ゲームとの融合を目指しているようですが、既にTelegramではこんなニュースが流れています。

 

f:id:e_g_eth:20180202030244p:plain

 

私たちのゲーム開発者JoshuaはPHOを世界で最も有名なゲームのひとつ、Counter-Strike:Global Offensive(CS:GO)と統合しました。

CS:GOは、Hidden Path EntertainmentとValve Corporationが開発したマルチプレイヤー一人称シューティングゲームです。

Joshuaは、PHOTONを使用してさまざまなゲーム関連商品を購入できるWebサイトを作成しました。

ライブゲームのスクリーンショットではPhotonの金庫が表示されます。

ゲームをプレイしてPHOを獲得することもできます。 

 

In-game transactions with Photon (PHO) in Counter-Strike: Global Offensive – YouTube

動画もアップロードされていました。

 

 

公式サポートではなくmodとしての実装のようですが、草コインにとっては大きな一歩だと思います。

カウンターストライク自体は本当に有名なゲームのようですね。

 

2019年以降にはBlakezoneとだけ書かれていますが、Blakezoneのゲーム内通貨はBlakecoinが内定済みだったと思うのですが、共存になるんでしょうか。

 

f:id:e_g_eth:20180202012415p:plain

「Photonのウェブサイトが見られない」と嘆く人にBlakecoinのアカウントが「Ctrl+F5を押せ」とアドバイスするあたり、BLAKE-256ファミリーの関係は良好に見えますが、気になりますね。

 

とりあえず最低でも来年まで

f:id:e_g_eth:20180201011936j:plain

#PHODL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)