Madcoin(MDC)のマイニングの方法 解説

2,500個からマスターノードを建てられ、マスターノード報酬が優れているMadcoin(MDC)のマイニングの方法を解説します。

なお僕はあまりの掘れなさに即挫折したので、GPUスペックに自信がある人だけどうぞ。

人気あるんでしょうねぇ。

 

 

AikaPoolに登録

https://aikapool.com/mdc/index.php?page=register

MDCのマイニングプールに上記URLから登録します。

f:id:e_g_eth:20180205212502p:plain

ユーザー名、パスワード2回、Eメール2回、数字4桁のPINナンバーを入力してチェックを入れてから『Register』。

マイニングプールではお馴染みの登録フォームですね。

 

マイナーの登録

f:id:e_g_eth:20180205212957p:plain

My Account→My Workersからワーカーを追加します。

初期状態のuser, passwordで構いませんので、『Add New Worker』をクリックして追加します。

 

minerをダウンロード

Releases · tpruvot/ccminer · GitHub

ここではNVIDIAの場合を解説します。

 

NVIDIAの場合は上記URLからccminerの7zファイルをダウンロードします。

大抵の人はx64と入っている64bit版を使うことになると思います。

7zファイルは7-zipなどで解凍してください。

 

バッチファイルを編集、起動

f:id:e_g_eth:20180205213331p:plain

ccminerを解凍するといくつかバッチファイル(.bat)ファイルが入っているので、コピーして適当な名前にリネームします。

ここではRUN-MDC.batとしています。

続いてバッチファイルの中身を以下のように編集します。

 

ccminer-x64.exe -a scrypt -o stratum+tcp://stratum.aikapool.com:7981 -u [マイニングプールのユーザー名].[ワーカーの名前] -p [ワーカーのパスワード]

 

ユーザー名がmadcoinでワーカーをデフォルトで登録した場合は以下のようになります。

 

ccminer-x64.exe -a scrypt -o stratum+tcp://stratum.aikapool.com:7981 -u madcoin.user -p password

 

f:id:e_g_eth:20180205213741p:plain

あとはこのバッチファイルをダブルクリックすればマイニングが開始されます。

 

払い出し

f:id:e_g_eth:20180205214123p:plain

My Account→Edit Accountから『Payment Address』に払い出しアドレスを入力後、4桁のPINを入力して『Update Account』をクリックでアドレスが設定されます。

 

f:id:e_g_eth:20180205214248p:plain

設定後は同じくEdit Accountの下の方にあるCash OutにPINを入力して『Cash Out』で払い出しです。

払い出し最小単位は0.001で寄付は任意なので良心的ですね。

一応僕は数時間のマイニングの後、最小単位を達成することが出来ました。

 

本当に掘れない

f:id:e_g_eth:20180205213830p:plain

これは数時間マイニングした後ですが、恐ろしく掘れません。

MDCのマスターノードを建てるのに必要な枚数2,500枚中、2,499枚で資産が尽きてしまった人なら使えるかも…とも思いましたが、電気代の方が高いので断腸の思いであと1枚分をひり出した方がいいでしょう。

 

マイニング用のモンスターマシンがある人でも他のコインを掘った方が効率がいいと思います。

せっかくなので記事にしましたがオススメはしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)