TRX Dogsのアプリ版リリースが迫る。提携中のPeiwoとの接続も完了

相変わらずチャートは無風ですが、2月に入ってもTRON(TRX)のファンダは多いです。

2月9日深夜現在BINANCEがメンテナンス中なので、TRONの取引量が少なくなっているので値動きが少ないのかも知れませんが、ともすればメンテ明けは値下がりしそうな気さえする。

僕はTRONネットワークの本格稼働まで気にせずホールドですが。

 

 

TRX Dogsのアプリ版リリースが近づく

みなさんお待ちかねのTRX Dogsのアプリ版のリリースが近づいてきました。

狂気的かつ退廃的な犬のデザインで話題沸騰間違いなしですね。

僕はTRXホルダーではありますが、まあやらないと思います。

 

と言うのも

Crypto Horseの方が面白そう

Ethereum(ETH)のDAppsで競走馬育成ゲームのローンチがCoindarのアカウントから通知されまして。

 

f:id:e_g_eth:20180208234340p:plain

CryptoKitties | Collect and breed digital cats!

同じEthereumを使うCryptoKittiesのデザインは悪い意味で後発のTRX Dogsに近く(TRX Dogsがインスパイアされたんでしょうけど)、正直どちらも魅力を感じませんが、

競走馬育成ゲームと言うハズレの少ないジャンルでETHを稼げるチャンスがあるならやる価値があります。

 

タイトルはCryptoHorseと言うそのものズバリな感じです。

CryptoHorse

公式サイトもオシャレですし、期待をして登録したのですが…

 

f:id:e_g_eth:20180209001338p:plain

明らかに149.83 ETHと言う超高額馬に勝てない気がしてプレイするかどうか迷ってます。

リアル競走馬が買える値段ですよ。

と言うかテイエムオペラオーのセリ市での価格より高いじゃないですか。

名前もジェーン・アダムスって全然競走馬っぽくない。

 

f:id:e_g_eth:20180209002326p:plain

リアル競走馬より高い割に時速は43.35kmでメチャクチャ遅いんですよね。

馬ゲーで時速と言う可視化パラメーターがあるのも斬新ですが、

この時速だと2000mのレースをこなすのに3分近くかかると言う奇跡的なダメ競走馬です(フツーは2分前後です)。

マジメに作られてない感じがする。

 

bitdays.jp

やっぱりBitHuntersの登場までブロックチェーン×ゲームは風采の上がらないままなんでしょうか。

 

イーサリアムでたまごっち!?卵を育てる「Aethia」がリリース予定

ETHベースだとこう言うのもリリース予定ですが、UIがCryptoKittiesとTRX Dogsに酷似していて全然期待が持てません。

卵から何が生まれるのか知りませんが、たぶんロンパリ気味で四つん這いの既視感のある生き物な気がする。

 

PeiwoがTronとの接続完了、Peiwoは政府の認可を得る

coinnext.net

TRON – Peiwoアプリの合同メンバーが、TRXとPeiwoアプリの接続が成功したと宣言しました。

公式のニュースでは予備作業が終了したと宣言されています。現在、TRXの預け入れ、チップ、払い出しを仮想通貨ウォレットアドレスで行うことができます。

TRONとPeiwoの連携はほぼロードマップ通り順調に進んでいるようですね。

これがPhoton(PHO)あたりの草コインならチャートが反応しそうなものですが、そもそもNEM(XEM)がWeChatと連携した時も大した風は吹かなかったので単独ではファンダとは言えなそう。

 

Peiwo自体は国家からの認可を受けているようです。

つまりそこに乗るTRONも事実上中国国内ではある程度公認されたとも言える?

 

ジャスティン・サンのツイートは相変わらずカリスマ性を感じさせます。

 

僕もフィアットを持っていないしブロックチェーンを信じてはいるので、TRXと生死を共にすると言いたいところですが、Monoeci(XMCC)とQASHの方が割合が多いので黙っておこう。

とは言え伸びしろでは一番TRONに期待しているので、1月のATHを更新する日を気長に待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)