BitTrade(ビットトレード)の登録・購入方法 解説

運営会社こそ違いますが、システムと流通がbitbankと共通です。

サイバーエージェントの取引所も共通のシステムを使うことが決定した模様。

 

とにかく本人確認書類の確認と郵送~到着までが早いのが特徴で、このシステムに慣れる意味でもオススメです。

 

システムを開発した会社は相当儲かってるでしょうね。

 

登録

f:id:e_g_eth:20180220013632p:plain

 

Bit Trade

記事を書いた時点で、暴落時のBitcoinの価格が表示されていて不安になります。

画像じゃなくてHTML文字にして差し替えられるようにすればいいのに。

 

トップの小島瑠璃子は健康的な体つきで眼福ですね、上昇トレンドに入りそう。

 

とりあえず右上の『新規会員登録』をクリック。

 

f:id:e_g_eth:20180220013816p:plain

メールアドレスを入力して『登録』をクリックすると認証メールが飛びます。

 

f:id:e_g_eth:20180220014102p:plain

URLをクリックして認証。

 

f:id:e_g_eth:20180220014215p:plain

パスワードを2回入力してチェックを3回入れて『登録』をクリック。

 

f:id:e_g_eth:20180220014434p:plain

すぐに個人情報入力画面になるので入力していきます。

bitbankと同じ。

 

f:id:e_g_eth:20180220014904p:plain

取引の目的・職業・外国の重要な公人かどうかを聞かれるのも同じですね。

外国の重要な公的地位にある者にチェックを入れるとどうなるんでしょう。

 

残念ながら公的地位にないので『該当しません』にチェックを入れ、『確認』をクリックすると入力内容が再度表示されるので、間違いがなければ『登録』をクリックします。

 

本人確認書類のアップロード

f:id:e_g_eth:20180220015117p:plain

登録後はすぐ『本人確認書類のアップロードに進む』ボタンが表示されるのでクリックします。

 

f:id:e_g_eth:20180220015338p:plain

暗号通貨投資をやっている人ならパスポートか免許証のどちらかは持っていると思いますが、好きなものを選択。

 

f:id:e_g_eth:20180220015659p:plain

表面の画像と裏面の画像をクリックするとファイルのアップロードダイアログが開きくので、画像を選択後『アップロードする』をクリック。

免許証のスキャンはCamScannerが便利です。

 

確認画面に遷移するので、問題なければ『この内容で登録する』をクリックします。

 

本人確認書類の審査に入るので、待ち時間に2段階認証を設定しましょう。

 

なお、僕は夜中に本人確認書類を提出してその日の14時には承認されて郵送手続きに入った旨のメールが来ました。

 

2段階認証の設定

f:id:e_g_eth:20180220020251p:plain

左側メニューの『セキュリティ』から二段階認証の『設定』をクリックします。

 

f:id:e_g_eth:20180220020421p:plain

QRコードが表示されます。

僕は携帯のアプリに加えてChrome拡張でも読み込んでいます。

 

郵送ハガキの暗証番号を入力

入力しなくても、ハガキ到着後1営業日で有効化されます。

急ぎの方は入力しておきましょう。

 

f:id:e_g_eth:20180224143406p:plain

暗証番号の書かれた郵送ハガキが届いたら、『登録情報』→本人確認書類の横の『暗証番号で有効化』をクリック。

 

f:id:e_g_eth:20180224143639p:plain

ハガキに記載されている暗証番号を入力すると、日本円及び暗号通貨の入出金が可能になります。

 

入金

日本円の場合

 

f:id:e_g_eth:20180224144336p:plain

『入出金』→ 『日本円』の横の『入出金』をクリックすると振込用口座が表示されます。

 

bitbankでは『入金番号』を振込人名義の前に全角で入力しますが、BitTradeにはないようですね。

一応、入金番号らしき文字列は『登録情報』から確認できます。

 

暗号通貨の場合

f:id:e_g_eth:20180224145443p:plain

『入出金』→目当ての通貨の横の『入出金』をクリックするとアドレスが表示されるので、こちらに他の取引所やウォレットから送金します。

 

ちなみにMONAcoin(MONA)をZaifから避難送金する場合旧フォーマットにしないと送れません。

 

出金

日本円の場合

『入出金』→ 『日本円』の横の『入出金』をクリックし、上のタブを『出金』に切り替えると銀行口座の選択画面になります。

 

口座の登録

f:id:e_g_eth:20180224144626p:plain

最初は口座が登録されていないので『銀行口座を登録』をクリックして登録します。

 

f:id:e_g_eth:20180224144801p:plain

一覧にない銀行の場合は『その他』を選択し、銀行名を検索窓に入力して下さい。

ひらがなで問題なく検索出来ます。

 

f:id:e_g_eth:20180224144944p:plain

口座番号を入力すると2段階認証の数字を求められるので、入力してから『登録する』で口座の登録が完了します。

 

出金先口座の指定

f:id:e_g_eth:20180224145307p:plain

口座を登録し終えると『銀行口座の選択』から選択可能になるので、口座を選択後出金金額を入力して『出金内容を確認』をクリックします。

 

暗号通貨の場合

『入出金』→目当ての通貨の横の『入出金』をクリックし、上部タブから『引出』をクリックするとアドレスの指定画面に切り替わります。

 

アドレスの登録

f:id:e_g_eth:20180224145725p:plain

『アドレスの追加』→『新規追加』から登録出来ます。

ラベルとアドレスと2段階認証の数字を入力して『追加する』で完了。

 

出金

『アドレスを選択』から登録したアドレスを選択し、引出数量を入力して『引出内容を確認』をクリック。

2段階認証の数字を入力して送金です。 

 

取引

購入

左上のメニューから目当ての通貨ペアを選びます。

ここでは例としてXRP/JPYを選択。

 

f:id:e_g_eth:20180224150017p:plain

デフォルトは成行なので、『注文』の下の『指値』をクリックして指値買いにします。

 

指値の場合はチャートの右側に表示されている板の数字をクリックすると『価格』に反映されます。

手入力も可能。

 

f:id:e_g_eth:20180224150331p:plain

『数量』は直接入力と、スライダーでパーセンテージ指定が可能です。

『注文』をクリックすると『注文内容の確認』が表示されるので、『実行』をクリックで注文が作られます。

約定前ならキャンセル出来ます。

 

売却

f:id:e_g_eth:20180224150508p:plain

『売り』をクリックするとタブが赤くなるので、その後は購入とほぼ同じです。

任意の金額をクリックするか直接入力で数量を決め、『注文』→『実行』と操作します。

 

bitbankとの違い

銀行口座

日本円の振込口座がbitbankは住信SBIネット銀行なのに対して、BitTradeはりそな銀行です。

国内取引所では住信SBIネット銀行の使用割合が多く、またBitTradeは振込時のID入力がないので、入出金周りに関してはbitbankの方が優秀でしょう。

 

逆にりそな銀行を使っている人は24時間入出金可能なので、メインバンクがりそなの人はBitTradeの方がいいと思います。

 

あくまで僕が登録した時点での話ですが、本人確認書類の承認はBitTradeの方が1営業日早かったです。

住所確認ハガキの郵送は本人確認書類承認の翌日で、こちらは同じでした。

 

振込手数料

bitbankが540円(30,000円以上756円)なのに対し、BitTradeは一律648円です。

30万円未満の振込手数料だけならZaifが一番安く、540円となっています。

 

取引手数料ゼロキャンペーンは行っていない

bitbankが全ペア取引手数料ゼロキャンペーンを2018/6/30まで(延期しました)行っているのに対し、BitTradeは行っておりません。

 

Twitterアカウントがさりげなく有意義

 急にチャートに関しての話題をぶっこんで来たりして侮れません。

 小島瑠璃子の画像BOT機能も実装してくれないかな。

 

とにかく早く暗号通貨取引を開始したい人にオススメ

システムがほぼbitbankと同じで、住所確認ハガキの郵送が非常に早いので、とりあえず暗号通貨を日本円で買いたいと言う人にオススメです。

登録手順も同じ流れで、大した手間でもないので、bitbankの登録と同時に登録しておくのもアリかと思います。

 

もちろんbitFlyerやcoincheckなどの販売所に比べると安価に購入出来るので、これらの取引所に比べればメインでも使っていけるでしょう。

 

細かいところではどうしてもbitbankの優秀さが目立ってしまいますが、こじるりファンなら彼女のプロモーション価値を証明するために、応援の意味で押さえておきたいところです。

僕はトップ画像を見てファンになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)