c0ban取引所の登録・購入方法 解説

日本発の仮想通貨c0banの取引所に登録を行いました。

UIがボロボロすぎてセキュリティも不安と言うことで、途中で萎えたので購入はエアプです。

登録

c0ban取引所

右上の新規登録から登録フォームに移動。

c0banの2文字目は数字のゼロなんだからフォントに気を遣えよデザイナー。

f:id:e_g_eth:20180216005436p:plain

どこにも記載はありませんが、パスワードは16文字までです。

書いとけよUI担当。

f:id:e_g_eth:20180216010356p:plain

続いて『取引き』用パスワードと言う送りがなの位置が微妙なパスワードと秘密の質問を設定します。

こちらも特に記載はありませんがパスワードの文字数上限は16文字です。

予測は出来るけど書いとけよUI担当。

『メール確認へ』をクリックで確認メールが飛びます。

確認メール

f:id:e_g_eth:20180216012011p:plain

メールで数字4桁の認証コードが届くので

番号設定へ進み、メール記載の暗番号を入力してください。

『暗番号設定へ進む』

と言う表記ゆれだらけのページを飛ばして次のページへ行きます。

すると認証コードを入力してください、と前のページの表記ゆれがなかったかのように認証コードを求められるので入力します。

もうこの時点で不信感がはちきれそうです。

『登録』をクリックすると『本人認証を始める』と言うボタンが表示されます。

本人確認書類提出

『本人認証を始める』をクリックするとトップページに戻されて堪忍袋の尾を緩めたくもなりますが、とりあえず先程設定したメールアドレスとパスワードでログインします。

f:id:e_g_eth:20180216014715p:plain

右上の『プロフィールを設定してください。』から『アカウント管理』をクリック後、プロフィールの設定をクリック。

さらに『プロフィールを設定する』をクリックします。ワンクッション多いねん。

プロフィール設定後はSMS認証が必須なので左メニューの『SMS認証』をクリックします。

f:id:e_g_eth:20180216020035p:plain

ここでも暗証番号/認証コードと言う表記ゆれを見せつけてくれます。

SMS認証が終わるとようやく本人認証から本人確認書類のアップロードが可能になります。

免許証やパスポートを3種類設定しますが、選択した画像サムネイルが表示されないと言う不親切仕様。

なお自分達は0とoの区別がつかないようなWEBサイトを用意しているのに、本人確認書類の写真写りに関しては異常に要求が強く、他の取引所では一発で通る写真でも通りません。

2段階認証

2段階認証が用意されてなくてもおかしくないな、と思うレベルに疑念が膨れ上がっていましたが、メニューはありました。

f:id:e_g_eth:20180226024409p:plain

右上のメニューから『アカウント管理』→『2段階認証』→セレクトメニューを有効にして『情報を更新』をクリックするとQRコードが表示…されずに確認メールが飛びます。

メールの中身は『ログイン時にメールアドレスに2段階認証コードをお送りしますよ』と言うもの。

ええと、厳密に2段階認証と区分する定義はないけど、それって銀行のWEBサイトとかで使われるワンタイムパスワードメールと言うものでは?

なんで他の国内取引所と足並みを揃えないのか。

入金

FXでもないのに『証拠金』として10,000円を入金する必要があり、しかもそのうち1,080円は郵送の事務手数料として差し引かれるようです。

f:id:e_g_eth:20180226022945p:plain

クソUIと殿様商売に購入意欲をガッツリ削がれながら右上のメニュー→取引口座管理と進み、『日本円入出金』のドロップダウンメニューの『入金』または右側のオレンジの『入金』ボタンから入金が可能です。

f:id:e_g_eth:20180226023223p:plain

入金額を入力して『この金額で振込みます』をクリックすると振込先口座とID付きの振込人名義が表示されます。

購入方法

販売所と取引所がありますが、なぜかc0banの発行元のくせに販売所のスプレッドがやけに高いので取引所を使いましょう。

f:id:e_g_eth:20180226023512p:plain

右上の取引所から移動。

買い板や売り板の数字をクリックしても買値レートに反映されないので手動入力です。

板がスカスカなので成り行きではなく指値で買うべきですね。

買値レートと注文数を入力して『指値で買う』で購入でしょう(買う気がないのでエアプ)。

売却は右側にあります。

HTMLソースコードを見ると、別ファイルに書くべきJavaScriptの処理が長々と書いてあって、コーダーの技術力に疑問しか浮かびません。

ウォレット

c0banのトップページになぜか得意げにこう書いてあります。

c0banは、取引所、アプリ、ウェブウォレットなどすべてのサービスが同じIDとパスワードでご利用になれます。

これは世界初のシステムが実現されていることになります

いやいやウォレットは別途秘密鍵を用意させろよ!

悪い意味で世界初だよ!

さすがに冗談かと思ったら本当にウォレットにも取引所のIDとパスワードでログイン出来ました。

しかも取引所で2段階認証を有効にしていてもウォレットでは要求されないと言う。

動画を見るだけでc0banがもらえる『こばんちゃんねる』

f:id:e_g_eth:20180226030341p:plain

https://c0banchan.tv/

これは面白い試みだな、と思いましたが認証コードが通りません。

個人的にはc0ban購入はナシです

投機として現状の価格から上がるか上がらないかは分かりませんが、この取引所のシステムを開発した会社を信用することが出来ません。

UIやウォレットが改善されるまでは一切購入する気はないです。

日本円としか交換が出来ないと言うのは相場の影響を受けないと言う点ではある意味メリットでしたが、BTC建てを準備中のようです。

SBIが出資

c0banはSBIホールディングスから資金調達を受けています。

取引所の完成度を見る限り、少なくともシステム周りに予算を割いてはいないようですね。

ですが、万が一SBIの暗号通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズに上場と言うことになったら短期的には確実に高騰すると思います。

このチャンスにかけて入金だけはしておくのも悪くはないかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です