Loan or Lease(LOL)がLOLZとしてリブート

 

LOLがLOLZとしてリブート

 

 

 

メイン開発者が消息不明になったことにより暴落していたLoan or Lease(LOL)ですが、
残された開発者の方やコミュニティの協力により、LOLZとして25,000枚まで交換可能になるそうです。

 

Cryptology氏が持ち逃げ(売り逃げ?)した分は発行しないようなので、事実上のバーンですね。

 

f:id:e_g_eth:20180226151147p:plain

CryptoBridgeのレートも上がってきていますが、今後の展望は全く未知数なので、静観しています。

 

逃亡したCryptology氏が書いた既存のコードを使い回すことはしないとは思うので、従来の機能をゼロからスクラッチと言うことになると思いますが、まずここが大きなネックになりそうです。

 

f:id:e_g_eth:20180226144723j:plain

なお、lolzで検索するとavex所属の男女混合パフォーマンスグループ『lol』のライブツアーが引っかかります。

mocaちゃんがかわいいのでこちらに興味が出てきました。

フォロアー数的に彼らの目に通貨の方のLOLZが触れたらかなりのファンダになりそう。

 

同じく開発者が逃亡した5chcoinとNANJCOIN(NANJ)とのスワップも開始予定

NANJCOINによる5chCoin被害者救済案について – Togetter

NANJCOINも、開発者が逃亡した5chcoinのICO参加者への救済措置としてスワップをするようです。

かなりカッコいい公式サイトが立ち上がっていたり、こちらの開発は順調そうですね。

 

 

CoinExchange.ioへの上場も決まりました。

相変わらずエアドロップ分しか保有していませんが、上場後の値動きは少し楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です