Xp(XP)のPoSマイニングの方法 解説

 

ウォレットをダウンロード

https://www.xpcoin.io/downloads/

公式サイトから目当てのOSのものをDLします。

 

bootstrapを使う場合

ネットワークの同期を早く終わらせたい場合はbootstrapも一緒にDLします。

 

f:id:e_g_eth:20180304193231p:plain

デフォルトの設定ではXPのウォレットのデータフォルダは『%appdata%\XP』に作成されるので、この中に解凍後のbootstrap-latestを配置します。

データフォルダの場所を変更している場合は変更先フォルダに読み替えてください。

 

f:id:e_g_eth:20180304193305p:plain

上記のようなファイル構成になっていればbootstrapが使われます。

 

ネットワークの同期

XP-qt.exeを起動するとネットワークの同期が始まります。

 

デフォルトのXP.confのノードだけではなかなか同期が終わらないので、以下のノードを追加しておくと良いでしょう。

f:id:e_g_eth:20180304203236p:plain

addnode=97.67.244.9
addnode=45.32.45.43
addnode=45.77.2.104
addnode=45.63.94.41
addnode=45.32.220.209
addnode=45.63.65.48

 

https://chainz.cryptoid.info/xp/#!network

念のため、上記URLの/XP:1.1.0/のノードも追加しておくとより早く同期が終わると思います。

 

ウォレットの暗号化

f:id:e_g_eth:20180304195418p:plain

Settings→Encrypt Walletからパスフレーズを2回入力すると警告が表示された後にウォレットが再起動します。

 

ウォレットにXPを送金

f:id:e_g_eth:20180304200230p:plain

Receive XP→New Addressからアドレスを追加します。

ラベルは空でもかまいません。

 

 

追加したアドレスを右クリックしてCopy addressをクリックでアドレスがコピーされます。

こちらのアドレスに取引所やDiscordからSPRTSを送ります。

 

Discordの場合はbot-channelで

!収穫 [数量]

と入力してSPRTSを出荷待ち状態にしてから

!出荷 [アドレス] [数量]

と入力ですね。

 

SPRTSの送金手数料が0.01かかるので、収穫した量ピッタリを送ることは出来ません。

例:

!収穫 10000.01
!出荷  Sxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx 10000

 

ウォレットの暗号化の解除

f:id:e_g_eth:20180304200703p:plain

Settings→Unlock wallet for miningから先程のパスフレーズを入力するとMining(PoS)待ち状態になります。

 

f:id:e_g_eth:20180304200907p:plain

XP BoostからPoS成功確率を確認することが出来ます。

右上のタブで期間を変更可能。

 

暴落したからこそXPを集める理由

直近の最安値が3satと相場的にはダダ下がりのXPですが、僕は一旦1月に売却後、最近の暴落を見てまたチマチマと集め始めています。

 

1月のBINANCEの新規上場投票で2位になった後、2月の上場投票にはリスティングされていないことからBINANCE上場の芽がなくはないこと。

ギャンブルではありますが、3~4サトシなら賭けてみる価値はあると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です