BITPOINT(ビットポイント)の登録・口座開設方法 解説

国内取引所はbitbankQUOINEXの2つで特に不満を感じていないのですが、BITPOINT(ビットポイント)と言う取引所がわりと良さそうだったので登録しました。

 

2月18日にRipple(XRP)が新規に上場しており、取り扱い銘柄は年内に30以上を目指すそうです。

もちろん金融庁認可済です。

登録

右上の『口座開設』をクリックして情報を入力していきます。

f:id:e_g_eth:20180214013417p:plain

美都太郎(ビット タロウ)

見本ネームがキラキラ苗字。嫌いじゃないです。

 

f:id:e_g_eth:20180214013622p:plain

なにやらMT4(MovableTypeではない)と言う取引ツールの評判がいいらしいので、FX取引口座も申し込みました。

本人確認

f:id:e_g_eth:20180214014143p:plain

確認→次へをクリックでお馴染みの身分証明書アップロード画面になります。

BITPOINTが初めての取引所登録と言う人はいないと思うので他の取引所で使った画像ファイルをアップロードしましょう。

スキャンする時はCamScannerが便利です。

 

アップロードをクリックすると審査に入る旨が画面に表示されます。

混み合っているのか、この審査はbitbankBit Tradeに比べると長いです。

10営業日ほどで本人確認書類が確認され、確認用ハガキが発送されます。

確認用ハガキ自体はすぐ届きます。

初回ログイン

f:id:e_g_eth:20180310215014p:plain

確認用ハガキが届いたら、ハガキに書いてある初回ログインパスワードを入力して『ログイン』をクリック。

 

f:id:e_g_eth:20180310215213p:plain

パスワードの変更を促されるので、再度ハガキのパスワードと、新しく設定するパスワードを入力して『変更』をクリックします。

 

f:id:e_g_eth:20180310215451p:plain

同意書が表示されるので『書面内容を理解し、同意します』をクリック。

 

f:id:e_g_eth:20180310215610p:plain

レバレッジ取引に関しても同意を求められるので同じく『書面内容を理解し、同意します』をクリック。

 

以上でログインが完了します。

 

f:id:e_g_eth:20180310234859p:plain

Copyright © 2016が少し気になる。

2段階認証の設定

f:id:e_g_eth:20180310215914p:plain

右上の『ユーザー設定』をクリック後、二段階認証を設定したい項目にチェックを入れます。

通知方式はメール通知とSMS通知しかないようなので、僕はメール通知にしました。

 

f:id:e_g_eth:20180310220133p:plain

画面右下の『登録』ボタンをクリックで完了です。

入金

日本円の場合

f:id:e_g_eth:20180310220335p:plain

『入出金・振替』→ 『入金先口座情報』をクリックすると振込用口座が表示されます。

bitbankの『入金番号』に相当する『お客様番号』を振込人名義の後に全角で入力して入金します。 

暗号通貨の場合

f:id:e_g_eth:20180310220638p:plain

『入出金・振替』→仮想通貨送受金の下にある『受金』をクリックするとアドレスが表示されるので、こちらに他の取引所やウォレットから送金します。

出金

日本円の場合

f:id:e_g_eth:20180310223404p:plain

『入出金・振替』→ 『日本円』の横の『入出金』をクリックし、上のタブを『出金』に切り替えると銀行口座の選択画面になります。

 

f:id:e_g_eth:20180310223527p:plain

2段階認証を設定している場合は『認証番号取得』をクリックするとメールが届くので、こちらの認証番号を入力します。

 

振込手数料は銀行の振込手数料分がユーザー負担になるとのことなので、住信SBIネット銀行の場合は154円でしょうか。

暗号通貨の場合

f:id:e_g_eth:20180310230739p:plain

『入出金・振替』→仮想通貨送受金の下の送金(送付)をクリックすると送付先アドレスなどを選択できるようになります。

セレクトボックスで対象通貨を切り替えることが出来ます。

取引

購入

f:id:e_g_eth:20180310232446p:plain

 

『仮想通貨取引 』をクリックで取引画面に遷移。

セレクトボックスから通貨ペアを切り替えることが出来ます。

珍しいLTC/JPYが光りますね。

せっかくなのでLTC/JPYを選びます。

 

f:id:e_g_eth:20180310233414p:plain

デフォルトは成行ですが、『指値』に切り替えることもできます。

板の数字をクリックしても反映されない珍しい形式なので手入力。

取引暗証番号を入力して『注文』をクリックで購入です。

売却

f:id:e_g_eth:20180310234012p:plain

『売』のチェックボックスをクリックして切り替え後は買と同じ手順で売却可能です。

 

個人的な意見

板がQUOINEX以上に使いづらい点と、HTML5で書かれている割に黎明期の出会い系サイトのようなUIがやや気になりますが、Litecoinを日本円で安く購入できる点は評価出来ます。

UIこそ微妙ですがセキュリティには力を入れているようなので、今後の取り扱い銘柄増に備えて口座を開設しておくのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です